ダウンロード(PDF)
物語のリストに戻る

サキマの歌 サキマの歌 Sakima's song

作者 Ursula Nafula

絵 Peris Wachuka

翻訳 Miho Irie

言語 日本語

レベル レベル 3

物語全体の朗読

物語の自動再生


サキマは両親と4歳の妹と住んでいました。彼らは資産家の男の人の土地に住んでいました。彼らの茅葺き屋根の家は木の並びの最後にありました。

サキマは両親と4歳の妹と住んでいました。彼らは資産家の男の人の土地に住んでいました。彼らの茅葺き屋根の家は木の並びの最後にありました。

Sakima lived with his parents and his four year old sister. They lived on a rich man's land. Their grass-thatched hut was at the end of a row of trees.


サキマが3歳の時、彼は病気にかかり、視力を失ってしまいました。サキマは才能あふれる少年でもありました。

サキマが3歳の時、彼は病気にかかり、視力を失ってしまいました。サキマは才能あふれる少年でもありました。

When Sakima was three years old, he fell sick and lost his sight. Sakima was a talented boy.


サキマは他の6歳の子供がしないようなことをたくさんしました。例えば、村で年長の顔ぶれに交じり、重要な問題について議論することができました。

サキマは他の6歳の子供がしないようなことをたくさんしました。例えば、村で年長の顔ぶれに交じり、重要な問題について議論することができました。

Sakima did many things that other six year old boys did not do. For example, he could sit with older members of the village and discuss important matters.


サキマの両親は裕福な男性の家で働いていました。彼らは朝早くに家を出て、夕方遅くに帰ってきました。サキマはその間、幼い妹と家に残されていました。

サキマの両親は裕福な男性の家で働いていました。彼らは朝早くに家を出て、夕方遅くに帰ってきました。サキマはその間、幼い妹と家に残されていました。

The parents of Sakima worked at the rich man's house. They left home early in the morning and returned late in the evening. Sakima was left with his little sister.


サキマは歌うことが大好きでした。ある日、母親が彼に「どこでこういう歌を学んだの?サキマ?」と聞きました。

サキマは歌うことが大好きでした。ある日、母親が彼に「どこでこういう歌を学んだの?サキマ?」と聞きました。

Sakima loved to sing songs. One day his mother asked him, "Where do you learn these songs from, Sakima?"


サキマは「僕は歌をただ知っているだけだよ、お母さん。僕は頭の中で歌が聞こえて、それで歌っているんだ。」と答えました。

サキマは「僕は歌をただ知っているだけだよ、お母さん。僕は頭の中で歌が聞こえて、それで歌っているんだ。」と答えました。

Sakima answered, "They just come, mother. I hear them in my head and then I sing."


サキマは妹に歌ってあげることが好きで、特に彼女がお腹を空かせているときに歌ってあげていました。妹は彼のお気に入りの歌を歌っているのをよく聞いていました。彼女はよく心地のいい音楽に合わせて体を揺らしたものでした。

サキマは妹に歌ってあげることが好きで、特に彼女がお腹を空かせているときに歌ってあげていました。妹は彼のお気に入りの歌を歌っているのをよく聞いていました。彼女はよく心地のいい音楽に合わせて体を揺らしたものでした。

Sakima liked to sing for his little sister, especially, if she felt hungry. His sister would listen to him singing his favourite song. She would sway to the soothing tune.


「何度も歌を歌ってくれる?サキマ。」と妹は彼に何度も頼みました。サキマはそれを快く受け入れて何度も何度も歌ってあげました。

「何度も歌を歌ってくれる?サキマ。」と妹は彼に何度も頼みました。サキマはそれを快く受け入れて何度も何度も歌ってあげました。

"Can you sing it again and again, Sakima," his sister would beg him. Sakima would accept and sing it over and over again.


ある夕方、両親が家に戻ってくると、とても深刻そうにしていました。サキマは何か悪いことが起きたのだと分かりました。

ある夕方、両親が家に戻ってくると、とても深刻そうにしていました。サキマは何か悪いことが起きたのだと分かりました。

One evening when his parents returned home, they were very quiet. Sakima knew that there was something wrong.


「何があったの、お母さん、お父さん?」とサキマは聞きました。サキマはお金持ちの男の人の息子が行方不明になっていることを知りました。その男の人はとても悲しみ、孤独を感じていました。

「何があったの、お母さん、お父さん?」とサキマは聞きました。サキマはお金持ちの男の人の息子が行方不明になっていることを知りました。その男の人はとても悲しみ、孤独を感じていました。

"What is wrong, mother, father?" Sakima asked. Sakima learned that the rich man's son was missing. The man was very sad and lonely.


「僕が彼のために歌うよ。彼は再び幸せになるかもしれない。」とサキマは両親に言いました。しかし両親は彼の意見を聞き入れませんでした。「彼はとても裕福だ。お前はただの目の見えない男の子だ。お前の歌が彼を救うと思うのか?」

「僕が彼のために歌うよ。彼は再び幸せになるかもしれない。」とサキマは両親に言いました。しかし両親は彼の意見を聞き入れませんでした。「彼はとても裕福だ。お前はただの目の見えない男の子だ。お前の歌が彼を救うと思うのか?」

"I can sing for him. He might be happy again," Sakima told his parents. But his parents dismissed him. "He is very rich. You are only a blind boy. Do you think your song will help him?"


しかしながら、サキマは諦めませんでした。妹も彼を支持しました。彼女は「私がお腹を空かせているとき、サキマの歌が心地よくさせてくれるんだ。歌は裕福な男の人も心地よくさせるだろうな。」

しかしながら、サキマは諦めませんでした。妹も彼を支持しました。彼女は「私がお腹を空かせているとき、サキマの歌が心地よくさせてくれるんだ。歌は裕福な男の人も心地よくさせるだろうな。」

However, Sakima did not give up. His little sister supported him. She said, "Sakima's songs soothe me when I am hungry. They will soothe the rich man too."


次の日、サキマは小さな妹にお金持ちの男の人の家までの案内を頼みました。

次の日、サキマは小さな妹にお金持ちの男の人の家までの案内を頼みました。

The following day, Sakima asked his little sister to lead him to the rich man's house.


彼は窓の下に立って、お気に入りの歌を歌い始めました。ゆっくりと、お金持ちの男の人の頭が窓から見え始めました。

彼は窓の下に立って、お気に入りの歌を歌い始めました。ゆっくりと、お金持ちの男の人の頭が窓から見え始めました。

He stood below one big window and began to sing his favourite song. Slowly, the head of the rich man began to show through the big window.


労働者はやっていることをやめました。彼らはサキマの美しい歌を聞きました。しかしある男の人が言いました、「誰もボスを元気づけられないままだ。この目の不自由な男の子は慰められると思っているのか?」

労働者はやっていることをやめました。彼らはサキマの美しい歌を聞きました。しかしある男の人が言いました、「誰もボスを元気づけられないままだ。この目の不自由な男の子は慰められると思っているのか?」

The workers stopped what they were doing. They listened to Sakima's beautiful song. But one man said, "Nobody has been able to console the boss. Does this blind boy think he will console him?"


サキマが歌い終わるその場を離れようと踵を返しました。しかし資産家の男の人が慌てでできて、言いました、「もう一度歌ってくれ。」

サキマが歌い終わるその場を離れようと踵を返しました。しかし資産家の男の人が慌てでできて、言いました、「もう一度歌ってくれ。」

Sakima finished singing his song and turned to leave. But the rich man rushed out and said, "Please sing again."


まさにその時、二人の男の人たちが担架に誰かをのせてきました。彼らは、殴られ、道のそばに置き去りにされていたお金持ちの男の人の息子を見つけたのでした。

まさにその時、二人の男の人たちが担架に誰かをのせてきました。彼らは、殴られ、道のそばに置き去りにされていたお金持ちの男の人の息子を見つけたのでした。

At that very moment, two men came carrying someone on a stretcher. They had found the rich man's son beaten up and left on the side of the road.


その人は再び息子を見られてとても喜びました。彼は元気づけてくれたサキマを褒めました。彼は息子とサキマを病院に連れていき、サキマは再び目が見えるようになりました。

その人は再び息子を見られてとても喜びました。彼は元気づけてくれたサキマを褒めました。彼は息子とサキマを病院に連れていき、サキマは再び目が見えるようになりました。

The rich man was so happy to see his son again. He rewarded Sakima for consoling him. He took his son and Sakima to hospital so Sakima could regain his sight.


作者:Ursula Nafula
絵:Peris Wachuka
翻訳:Miho Irie
言語:日本語
レベル 3
出所:アフリカの絵本より「Sakima's song
Creative Commons License
この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 ライセンスの下に提供されています。
オプション
物語のリストに戻る ダウンロード(PDF)