ダウンロード(PDF)
物語のリストに戻る

小さな種:ワンガリ・マータイの物語 小さな種:ワンガリ・マータイの物語 A Tiny Seed: The Story of Wangari Maathai

作者 Nicola Rijsdijk

絵 Maya Marshak

翻訳 Kei Fukumoto, Konomi Nakagawa, Sayaka Yamamoto, Saari Yoshida

言語 日本語

レベル レベル 3

物語全体の朗読

物語の自動再生


アフリカの東の方にあるケニヤ山のあたりに村があります。そこでお母さんと畑仕事をしている女の子がいました。女の子はワンガリといいます。

アフリカの東の方にあるケニヤ山のあたりに村があります。そこでお母さんと畑仕事をしている女の子がいました。女の子はワンガリといいます。

In a village on the slopes of Mount Kenya in East Africa, a little girl worked in the fields with her mother. Her name was Wangari.


ワンガリは、外で遊ぶのが大好きでした。ワンガリは、おうちの野菜畑に、マチェテを使って土を柔らかくします、暖かい土壌に小さな種を植えました。

ワンガリは、外で遊ぶのが大好きでした。ワンガリは、おうちの野菜畑に、マチェテを使って土を柔らかくします、暖かい土壌に小さな種を植えました。

Wangari loved being outside. In her family's food garden she broke up the soil with her machete. She pressed tiny seeds into the warm earth.


ワンガリは、一日の中で夕焼け後の時間が一番大好きでした。暗くなって、畑の野菜が見えなくなるとワンガリはおうちに帰るのです。畑に沿って狭い小道をたどり、いくつか川を横切り家路につくのでした。

ワンガリは、一日の中で夕焼け後の時間が一番大好きでした。暗くなって、畑の野菜が見えなくなるとワンガリはおうちに帰るのです。畑に沿って狭い小道をたどり、いくつか川を横切り家路につくのでした。

Her favourite time of day was just after sunset. When it got too dark to see the plants, Wangari knew it was time to go home. She would follow the narrow paths through the fields, crossing rivers as she went.


ワンガリは頭が良かったので、早く学校に行きたくて仕方ありませんでした。しかし、ワンガリのお父さんとお母さんはワンガリに学校に行かせたくありませんでした。ワンガリに、もっとおうちの手伝いをして欲しかったからです。しかし、ワンガリが7歳になった頃、ワンガリのお兄さんがお父さんとお母さんに、ワンガリが学校に行けるよう一生懸命頼んでくれたので、ついにワンガリは学校に行けることになったのです。

ワンガリは頭が良かったので、早く学校に行きたくて仕方ありませんでした。しかし、ワンガリのお父さんとお母さんはワンガリに学校に行かせたくありませんでした。ワンガリに、もっとおうちの手伝いをして欲しかったからです。しかし、ワンガリが7歳になった頃、ワンガリのお兄さんがお父さんとお母さんに、ワンガリが学校に行けるよう一生懸命頼んでくれたので、ついにワンガリは学校に行けることになったのです。

Wangari was a clever child and couldn't wait to go to school. But her mother and father wanted her to stay and help them at home. When she was seven years old, her big brother persuaded her parents to let her go to school.


ワンガリは勉強をするのが大好きでした!ワンガリはたくさんたくさん本を読んで勉強しました。学校で良い成績をおさめていたワンガリは、アメリカの大学に行けることになりました。ワンガリはとても喜びました!もっとたくさん世界のことについて学べるからです。

ワンガリは勉強をするのが大好きでした!ワンガリはたくさんたくさん本を読んで勉強しました。学校で良い成績をおさめていたワンガリは、アメリカの大学に行けることになりました。ワンガリはとても喜びました!もっとたくさん世界のことについて学べるからです。

She liked to learn! Wangari learnt more and more with every book she read. She did so well at school that she was invited to study in the United States of America. Wangari was excited! She wanted to know more about the world.


アメリカの大学でワンガリは知らなかったことをたくさん学びました。植物や植物の育て方も学びました。これらの勉強はケニヤのきれいな森にある木々の陰でお兄ちゃんと遊んだワンガリの幼少期の記憶をよみがえらせました。

アメリカの大学でワンガリは知らなかったことをたくさん学びました。植物や植物の育て方も学びました。これらの勉強はケニヤのきれいな森にある木々の陰でお兄ちゃんと遊んだワンガリの幼少期の記憶をよみがえらせました。

At the American university Wangari learnt many new things. She studied plants and how they grow. And she remembered how she grew: playing games with her brothers in the shade of the trees in the beautiful Kenyan forests.


アメリカの大学でたくさん勉強しているうちに、ワンガリはケニアの人たちが恋しくなりました。ワンガリは、大好きなケニアの人たちを幸せに、自由にしてあげたいと思うようになりました。たくさん勉強すればするほど、アフリカにある自分の家のことを思い出しました。

アメリカの大学でたくさん勉強しているうちに、ワンガリはケニアの人たちが恋しくなりました。ワンガリは、大好きなケニアの人たちを幸せに、自由にしてあげたいと思うようになりました。たくさん勉強すればするほど、アフリカにある自分の家のことを思い出しました。

The more she learnt, the more she realised that she loved the people of Kenya. She wanted them to be happy and free. The more she learnt, the more she remembered her African home.


大学での勉強を終えると、ワンガリはケニアに戻って来ました。しかし故郷の環境は大きく変わっていました。巨大な農場があたり一面に広がり、女性たちは火をおこすための木さえ手に入れることが出来ず、人々は貧しく子供たちはおなかをすかせていました。

大学での勉強を終えると、ワンガリはケニアに戻って来ました。しかし故郷の環境は大きく変わっていました。巨大な農場があたり一面に広がり、女性たちは火をおこすための木さえ手に入れることが出来ず、人々は貧しく子供たちはおなかをすかせていました。

When she had finished her studies, she returned to Kenya. But her country had changed. Huge farms stretched across the land. Women had no wood to make cooking fires. The people were poor and the children were hungry.


ワンガリはどうすればよいのかを知っていました。女性たちに種から木を育てる方法を教え、彼女たちは木を売り家族を養うお金を稼ぐことができました。みんながとても喜びました。ワンガリは人々が強くなれるよう、手助けをしました。

ワンガリはどうすればよいのかを知っていました。女性たちに種から木を育てる方法を教え、彼女たちは木を売り家族を養うお金を稼ぐことができました。みんながとても喜びました。ワンガリは人々が強くなれるよう、手助けをしました。

Wangari knew what to do. She taught the women how to plant trees from seeds. The women sold the trees and used the money to look after their families. The women were very happy. Wangari had helped them to feel powerful and strong.


時が過ぎて、種が木になり、新しい木が森に育ち、川の水が再び流れ始めました。ワンガリの教えはアフリカ中に広まり、今日では何百万もの木々がワンガリの種から育ちました。

時が過ぎて、種が木になり、新しい木が森に育ち、川の水が再び流れ始めました。ワンガリの教えはアフリカ中に広まり、今日では何百万もの木々がワンガリの種から育ちました。

As time passed, the new trees grew into forests, and the rivers started flowing again. Wangari's message spread across Africa. Today, millions of trees have grown from Wangari's seeds.


ワンガリは一生懸命働きました。世界中の人々が彼女に注目しました、有名な賞をあげました。それは、ノーベル平和賞という賞です。ワンガリは、アフリカの女性で初めてノーベル賞をもらうことができたのです。

ワンガリは一生懸命働きました。世界中の人々が彼女に注目しました、有名な賞をあげました。それは、ノーベル平和賞という賞です。ワンガリは、アフリカの女性で初めてノーベル賞をもらうことができたのです。

Wangari had worked hard. People all over the world took notice, and gave her a famous prize. It is called the Nobel Peace Prize, and she was the first African woman ever to receive it.


ワンガリは、2011年に亡くなりました。しかし、美しい木々を見て、今でもワンガリのことを思い出しています。

ワンガリは、2011年に亡くなりました。しかし、美しい木々を見て、今でもワンガリのことを思い出しています。

Wangari died in 2011, but we can think of her every time we see a beautiful tree.


作者:Nicola Rijsdijk
絵:Maya Marshak
翻訳:Kei Fukumoto, Konomi Nakagawa, Sayaka Yamamoto, Saari Yoshida
言語:日本語
レベル 3
出所:アフリカの絵本より「A Tiny Seed: The Story of Wangari Maathai
Creative Commons License
この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 ライセンスの下で利用可能です.
オプション
物語のリストに戻る ダウンロード(PDF)