ダウンロード(PDF)
物語のリストに戻る

ノジベレと三本の髪の毛 ノジベレと三本の髪の毛 Nozibele and the three hairs

作者 Tessa Welch

絵 Wiehan de Jager

翻訳 Masato Tanaka

言語 日本語

レベル レベル 3

物語全体の朗読

物語の自動再生


むかしむかし、三人の女の子が薪を集めに出かけました。

むかしむかし、三人の女の子が薪を集めに出かけました。

A long time ago, three girls went out to collect wood.


その日はとても暑く、三人は川へ泳ぎに行きました。三人は水遊びをしたり水の中を泳いだりしました。

その日はとても暑く、三人は川へ泳ぎに行きました。三人は水遊びをしたり水の中を泳いだりしました。

It was a hot day so they went down to the river to swim. They played and splashed and swam in the water.


突然、三人はおそい時間になっていることに気がつき、急いで村に帰ろうとしました。

突然、三人はおそい時間になっていることに気がつき、急いで村に帰ろうとしました。

Suddenly, they realised that it was late. They hurried back to the village.


村の近くまで来たところで、ノジベレが首元に手を当てました。ノジベレはネックレスを忘れてきてしまったのです。「お願い、一緒に戻って!」と彼女は二人に頼みました。しかし二人はもう時間がおそすぎると言いました。

村の近くまで来たところで、ノジベレが首元に手を当てました。ノジベレはネックレスを忘れてきてしまったのです。「お願い、一緒に戻って!」と彼女は二人に頼みました。しかし二人はもう時間がおそすぎると言いました。

When they were nearly home, Nozibele put her hand to her neck. She had forgotten her necklace! "Please come back with me!" she begged her friends. But her friends said it was too late.


ノジベレは一人で川に戻ることにしました。ノジベレはネックレスを見つけると村に急ぎました。しかし、彼女は夜道で迷ってしまったのです。

ノジベレは一人で川に戻ることにしました。ノジベレはネックレスを見つけると村に急ぎました。しかし、彼女は夜道で迷ってしまったのです。

So Nozibele went back to the river alone. She found her necklace and hurried home. But she got lost in the dark.


遠くに小屋の光が見えました。そこに急いで向かい、扉をたたきました。

遠くに小屋の光が見えました。そこに急いで向かい、扉をたたきました。

In the distance she saw light coming from a hut. She hurried towards it and knocked at the door.


驚いたことに、犬が扉を開けて、「何がほしいんだい?」と言いました。「迷ってしまったので寝る場所がほしいのです」と彼女が答えると、犬は「おいで、じゃないとかみつくよ」と言いました。

驚いたことに、犬が扉を開けて、「何がほしいんだい?」と言いました。「迷ってしまったので寝る場所がほしいのです」と彼女が答えると、犬は「おいで、じゃないとかみつくよ」と言いました。

To her surprise, a dog opened the door and said, "What do you want?" "I'm lost and I need a place to sleep," said Nozibele. "Come in, or I'll bite you!" said the dog. So Nozibele went in.


中に入ると、犬が「何か作ってくれ」といいましたが、ノジベレは「犬にごはんを作ったことなんかないわよ」と言いました。すると犬は「作らないとかみつくよ!」というので、ノジベレはごはんを作りました。

中に入ると、犬が「何か作ってくれ」といいましたが、ノジベレは「犬にごはんを作ったことなんかないわよ」と言いました。すると犬は「作らないとかみつくよ!」というので、ノジベレはごはんを作りました。

Then the dog said, "Cook for me!" "But I've never cooked for a dog before," she answered. "Cook, or I'll bite you!" said the dog. So Nozibele cooked some food for the dog.


すると、「ベッドを用意しろ」と犬は言いました。ノジベレが「犬のベッドを用意したことなんかないわ」と答えると、「用意しないとかみつくよ!」というので、彼女はベッドを用意しました。

すると、「ベッドを用意しろ」と犬は言いました。ノジベレが「犬のベッドを用意したことなんかないわ」と答えると、「用意しないとかみつくよ!」というので、彼女はベッドを用意しました。

Then the dog said, "Make the bed for me!" Nozibele answered, "I've never made a bed for a dog." "Make the bed, or I'll bite you!" the dog said. So Nozibele made the bed.


ノジベレは毎日犬のために料理やそうじ、せんたくをしました。ある日犬がこう言いました。「今日は友達のところに行かなきゃ行けないんだ。帰ってくる前にそうじやせんたくをして、何か作っておくんだよ。」

ノジベレは毎日犬のために料理やそうじ、せんたくをしました。ある日犬がこう言いました。「今日は友達のところに行かなきゃ行けないんだ。帰ってくる前にそうじやせんたくをして、何か作っておくんだよ。」

Every day she had to cook and sweep and wash for the dog. Then one day the dog said, "Nozibele, today I have to visit some friends. Sweep the house, cook the food and wash my things before I come back."


犬が出て行ってすぐに、彼女は自分のかみの毛を三本抜きました。一本をベッドの下に、一本を扉の後ろに、もう一本を囲いの中に置くと、できるだけ速く村へ向かって走りました。

犬が出て行ってすぐに、彼女は自分のかみの毛を三本抜きました。一本をベッドの下に、一本を扉の後ろに、もう一本を囲いの中に置くと、できるだけ速く村へ向かって走りました。

As soon as the dog had gone, Nozibele took three hairs from her head. She put one hair under the bed, one behind the door, and one in the kraal. Then she ran home as fast as she could.


犬は家に戻るとノジベレを探しました。「ノジベレ、どこにいるんだい!」と叫びました。すると、「ベッドの下にいるよ」と一本目のかみの毛が言いました。二本目が「扉の後ろにいるよ」と、三本目が「囲いの中にいるよ」と言いました。

犬は家に戻るとノジベレを探しました。「ノジベレ、どこにいるんだい!」と叫びました。すると、「ベッドの下にいるよ」と一本目のかみの毛が言いました。二本目が「扉の後ろにいるよ」と、三本目が「囲いの中にいるよ」と言いました。

When the dog came back, he looked for Nozibele. "Nozibele, where are you?" he shouted. "I'm here, under the bed," said the first hair. "I'm here, behind the door," said the second hair. "I'm here, in the kraal," said the third hair.


すると、犬はノジベレが自分をだましたことに気がつきました。犬は村に向かって走り続けましたが、村ではノジベレの兄弟が大きな棒を持って待っていました。犬はふり返って走りさっていき、それ以来現れることはありませんでした。

すると、犬はノジベレが自分をだましたことに気がつきました。犬は村に向かって走り続けましたが、村ではノジベレの兄弟が大きな棒を持って待っていました。犬はふり返って走りさっていき、それ以来現れることはありませんでした。

Then the dog knew that Nozibele had tricked him. So he ran and ran all the way to the village. But Nozibele's brothers were waiting there with big sticks. The dog turned and ran away and has never been seen since.


作者:Tessa Welch
絵:Wiehan de Jager
翻訳:Masato Tanaka
言語:日本語
レベル 3
出所:アフリカの絵本より「Nozibele and the three hairs
Creative Commons License
この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 ライセンスの下に提供されています。
オプション
物語のリストに戻る ダウンロード(PDF)