ダウンロード(PDF)
物語のリストに戻る

ロバの子 ロバの子 Donkey Child

作者 Lindiwe Matshikiza

絵 Meghan Judge

翻訳 Yuka Makari

言語 日本語

レベル レベル 3

物語全体の朗読

物語の自動再生


ある日のことです。小さい女の子が遠くのほうに不思議な形をしたものをみつけました。

ある日のことです。小さい女の子が遠くのほうに不思議な形をしたものをみつけました。

It was a little girl who first saw the mysterious shape in the distance.


その形が近づいてきたとき、女の子は大きなお腹をした妊婦さんだと気が付きました。

その形が近づいてきたとき、女の子は大きなお腹をした妊婦さんだと気が付きました。

As the shape moved closer, she saw that it was a heavily pregnant woman.


その女の子は恥ずかしがりやでしたが、勇気を出して妊婦さんに近づきました。女の子や女の子の家族たちは、その妊婦さんをしっかり守ることに決めました。

その女の子は恥ずかしがりやでしたが、勇気を出して妊婦さんに近づきました。女の子や女の子の家族たちは、その妊婦さんをしっかり守ることに決めました。

Shy but brave, the little girl moved nearer to the woman. "We must keep her with us," the little girl's people decided. "We'll keep her and her child safe."


赤ちゃんは今にも生まれそうです。みんなが彼女を助けました。「押すんだ!」「毛布をもってきて!」「水をちょうだい!」「押してーーー!!!」

赤ちゃんは今にも生まれそうです。みんなが彼女を助けました。「押すんだ!」「毛布をもってきて!」「水をちょうだい!」「押してーーー!!!」

The child was soon on its way. "Push!" "Bring blankets!" "Water!" "Puuuuussssshhh!!!"


しかし、赤ちゃんが出てきたとき、彼らは驚き飛び跳ねました。「ロバ?!」

しかし、赤ちゃんが出てきたとき、彼らは驚き飛び跳ねました。「ロバ?!」

But when they saw the baby, everyone jumped back in shock. "A donkey?!"


みんなは「私たちは彼女のことも赤ちゃんも守ろうと決めて手助けをしたけど、彼らは私たちに悪い運をもってくるに違いない」と言い始めました。

みんなは「私たちは彼女のことも赤ちゃんも守ろうと決めて手助けをしたけど、彼らは私たちに悪い運をもってくるに違いない」と言い始めました。

Everyone began to argue. "We said we would keep mother and child safe, and that's what we'll do," said some. "But they will bring us bad luck!" said others.


彼女はまた一人ぼっちになってしまいました。彼女はこのかわいそうな赤ちゃんをどうやって育てればいいか、自分はどうするべきか、わかりませんでした。

彼女はまた一人ぼっちになってしまいました。彼女はこのかわいそうな赤ちゃんをどうやって育てればいいか、自分はどうするべきか、わかりませんでした。

And so the woman found herself alone again. She wondered what to do with this awkward child. She wondered what to do with herself.


しかし、彼女は、ロバが自分の子どもであり、自分はロバの母親であることを受け入れなければなりませんでした。

しかし、彼女は、ロバが自分の子どもであり、自分はロバの母親であることを受け入れなければなりませんでした。

But finally she had to accept that he was her child and she was his mother.


その子どもが小さいサイズのままであれば、すべては違っていたでしょう。しかし、そのうちにその子どもは彼女がおんぶできないくらい大きくなってしまったのです。そしてその子はどんなにがんばっても人間と同じ行動ができるようにはなりませんでした。母親は疲れ、イライラして、自分の子どもを動物に接するように扱いました。

その子どもが小さいサイズのままであれば、すべては違っていたでしょう。しかし、そのうちにその子どもは彼女がおんぶできないくらい大きくなってしまったのです。そしてその子はどんなにがんばっても人間と同じ行動ができるようにはなりませんでした。母親は疲れ、イライラして、自分の子どもを動物に接するように扱いました。

Now, if the child had stayed that same, small size, everything might have been different. But the donkey child grew and grew until he could no longer fit on his mother's back. And no matter how hard he tried, he could not behave like a human being. His mother was often tired and frustrated. Sometimes she made him do work meant for animals.


その怒りやストレスはロバの中にどんどんたまっていきました。ロバは人間と同じことはできないし、人間のようにはなれない。たまりにたまった怒りから、ついにロバはお母さんを蹴ってしまいました。

その怒りやストレスはロバの中にどんどんたまっていきました。ロバは人間と同じことはできないし、人間のようにはなれない。たまりにたまった怒りから、ついにロバはお母さんを蹴ってしまいました。

Confusion and anger built up inside Donkey. He couldn't do this and he couldn't do that. He couldn't be like this and he couldn't be like that. He became so angry that, one day, he kicked his mother to the ground.


ロバは自分のしたことに対し恥ずかしい気持ちでいっぱいになり、精一杯の速さでその場から走り去ってしまいました。

ロバは自分のしたことに対し恥ずかしい気持ちでいっぱいになり、精一杯の速さでその場から走り去ってしまいました。

Donkey was filled with shame. He started to run away as far and fast as he could.


気がつくとあたりはすっかり夜になり、ロバは道に迷ってしまいました。「ヒヒーン…」彼は暗闇のなかささやきました。「ヒヒーン…」それは後ろにこだましただけでした。彼はひとりぼっちでまるくなり、深い、悲しいねむりにつきました。

気がつくとあたりはすっかり夜になり、ロバは道に迷ってしまいました。「ヒヒーン...」彼は暗闇のなかささやきました。「ヒヒーン...」それは後ろにこだましただけでした。彼はひとりぼっちでまるくなり、深い、悲しいねむりにつきました。

By the time he stopped running, it was night, and Donkey was lost. "Hee haw?" he whispered to the darkness. "Hee Haw?" it echoed back. He was alone. Curling himself into a tight ball, he fell into a deep and troubled sleep.


ロバが起きたとき、そこには知らないおじいさんがロバをじっと見つめて立っていました。すると、おじいさんの瞳の中に小さな希望の光をみつけたのです。

ロバが起きたとき、そこには知らないおじいさんがロバをじっと見つめて立っていました。すると、おじいさんの瞳の中に小さな希望の光をみつけたのです。

Donkey woke up to find a strange old man staring down at him. He looked into the old man's eyes and started to feel a twinkle of hope.


おじいさんはロバに生き抜くためのたくさんの方法を教えてくれました。彼はその教えをよく聞き、学びました。彼らはお互いに助け合い、笑いあって時を過ごしたのです。

おじいさんはロバに生き抜くためのたくさんの方法を教えてくれました。彼はその教えをよく聞き、学びました。彼らはお互いに助け合い、笑いあって時を過ごしたのです。

Donkey went to stay with the old man, who taught him many different ways to survive. Donkey listened and learned, and so did the old man. They helped each other, and they laughed together.


ある朝、おじいさんはロバにのり、山のてっぺんにつれていくようお願いをしました。

ある朝、おじいさんはロバにのり、山のてっぺんにつれていくようお願いをしました。

One morning, the old man asked Donkey to carry him to the top of a mountain.


彼らは雲の上で眠りに落ち、ロバはお母さんが病気になり、自分のことを呼んでいる夢をみました。

彼らは雲の上で眠りに落ち、ロバはお母さんが病気になり、自分のことを呼んでいる夢をみました。

High up amongst the clouds they fell asleep. Donkey dreamed that his mother was sick and calling to him. And when he woke up...


ロバが起きたときには、雲も、親愛なるおじいさんも消えてなくなっていました。

ロバが起きたときには、雲も、親愛なるおじいさんも消えてなくなっていました。

... the clouds had disappeared along with his friend, the old man.


ロバはついに自分がどうするべきかがわかりました。

ロバはついに自分がどうするべきかがわかりました。

Donkey finally knew what to do.


ロバは、息子を失って悲しみにくれていたお母さんを見つけることができました。彼らはお互いに長く見つめあい、そして強く強く喜び、抱きしめあいました。

ロバは、息子を失って悲しみにくれていたお母さんを見つけることができました。彼らはお互いに長く見つめあい、そして強く強く喜び、抱きしめあいました。

Donkey found his mother, alone and mourning her lost child. They stared at each other for a long time. And then hugged each other very hard.


ロバと彼のお母さんは一緒に成長し、暮らしていく方法をたくさん見つけていきました。ゆっくりではあるけれど、周りの家族も徐々に彼らのことを受け入れていきました。

ロバと彼のお母さんは一緒に成長し、暮らしていく方法をたくさん見つけていきました。ゆっくりではあるけれど、周りの家族も徐々に彼らのことを受け入れていきました。

The donkey child and his mother have grown together and found many ways of living side by side. Slowly, all around them, other families have started to settle.


作者:Lindiwe Matshikiza
絵:Meghan Judge
翻訳:Yuka Makari
言語:日本語
レベル 3
出所:アフリカの絵本より「Donkey Child
Creative Commons License
この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 ライセンスの下で利用可能です.
オプション
物語のリストに戻る ダウンロード(PDF)