ダウンロード(PDF)
物語のリストに戻る

ブーシーのお姉さんが言ったこと ブーシーのお姉さんが言ったこと What Vusi's sister said

作者 Nina Orange

絵 Wiehan de Jager

翻訳 Kohei Uesaka

言語 日本語

レベル レベル 4

物語全体の朗読

物語の自動再生


ある日の朝早く、ブーシーのおばあちゃんはブーシーにお遣いを頼みました。「ブーシー、この卵をお父さんとお母さんに届けてくれないかい?二人はこの卵で、お前のお姉ちゃんために大きなケーキを作りたいんだ。」

ある日の朝早く、ブーシーのおばあちゃんはブーシーにお遣いを頼みました。「ブーシー、この卵をお父さんとお母さんに届けてくれないかい?二人はこの卵で、お前のお姉ちゃんために大きなケーキを作りたいんだ。」

Early one morning Vusi's granny called him, "Vusi, please take this egg to your parents. They want to make a large cake for your sister's wedding".


お父さんとお母さんのところへ行く道の途中、ブーシーは果物狩りをしている二人の少年に出会いました。少年はブーシーから卵を取り上げ、木に向かって投げつけてしまいました。卵は割れてしまいました。

お父さんとお母さんのところへ行く道の途中、ブーシーは果物狩りをしている二人の少年に出会いました。少年はブーシーから卵を取り上げ、木に向かって投げつけてしまいました。卵は割れてしまいました。

On his way to his parents, Vusi met two boys picking fruit. One boy grabbed the egg from Vusi and shot it at a tree. The egg broke.


「何てことしてくれるんだ!」と言って、ブーシーは泣き出しました。「これはケーキのための卵なんだ。そのケーキは僕のお姉ちゃんの結婚式のためのものなんだ。ウェディングケーキが無かったら、お姉ちゃん何て言うかなぁ……」

「何てことしてくれるんだ!」と言って、ブーシーは泣き出しました。「これはケーキのための卵なんだ。そのケーキは僕のお姉ちゃんの結婚式のためのものなんだ。ウェディングケーキが無かったら、お姉ちゃん何て言うかなぁ……」

"What have you done?" cried Vusi. "That egg was for a cake. The cake was for my sister's wedding. What will my sister say if there is no wedding cake?"


少年たちはブーシーをからかったことを謝り、「僕たちはケーキを作ることはできないけど、代わりにこのステッキを君のお姉さんにやるよ。」と言い、ステッキを渡しました。ブーシーは再び歩き始めました。

少年たちはブーシーをからかったことを謝り、「僕たちはケーキを作ることはできないけど、代わりにこのステッキを君のお姉さんにやるよ。」と言い、ステッキを渡しました。ブーシーは再び歩き始めました。

The boys were sorry for teasing Vusi. "We can't help with the cake, but here is a walking stick for your sister," said one. Vusi continued on his journey.


道の途中、ブーシーは家を建てている二人の男に出会いました。男の人はブーシーに「その丈夫そうな木を使ってもいいかな?」と聞きました。しかしそのステッキは家を建てられるほど十分に強くはなく、折れてしまいました。

道の途中、ブーシーは家を建てている二人の男に出会いました。男の人はブーシーに「その丈夫そうな木を使ってもいいかな?」と聞きました。しかしそのステッキは家を建てられるほど十分に強くはなく、折れてしまいました。

Along the way he met two men building a house. "Can we use that strong stick?" asked one. But the stick was not strong enough for building, and it broke.


「何てことしてくれるんだ!」とブーシーは泣き出しました。「そのステッキはお姉ちゃんへの贈り物なんだ。果物狩りの少年が、ケーキに使う卵を割ったお詫びにくれたんだ。そのケーキはお姉ちゃんのウェディングケーキだったんだ。卵も、ケーキも、それから贈り物も無い。お姉ちゃん何て言うだろう……」

「何てことしてくれるんだ!」とブーシーは泣き出しました。「そのステッキはお姉ちゃんへの贈り物なんだ。果物狩りの少年が、ケーキに使う卵を割ったお詫びにくれたんだ。そのケーキはお姉ちゃんのウェディングケーキだったんだ。卵も、ケーキも、それから贈り物も無い。お姉ちゃん何て言うだろう……」

"What have you done?" cried Vusi. "That stick was a gift for my sister. The fruit pickers gave me the stick because they broke the egg for the cake. The cake was for my sister's wedding. Now there is no egg, no cake, and no gift. What will my sister say?"


大工は、「僕らはケーキを作れないけど、代わりにお姉さんにこの藁をあげよう。」と言って、ステッキを折ったことを謝りました。そしてブーシーはまた歩き始めました。

大工は、「僕らはケーキを作れないけど、代わりにお姉さんにこの藁をあげよう。」と言って、ステッキを折ったことを謝りました。そしてブーシーはまた歩き始めました。

The builders were sorry for breaking the stick. "We can't help with the cake, but here is some thatch for your sister," said one. And so Vusi continued on his journey.


道の途中、ブーシーは農家おじさんと牛に出会いました。「何て美味しそうな藁なんだ、少しかじっていいかな?」と牛は尋ねました。しかし藁はとてもおいしく、なんと牛は藁を全部たいらげてしまいました。

道の途中、ブーシーは農家おじさんと牛に出会いました。「何て美味しそうな藁なんだ、少しかじっていいかな?」と牛は尋ねました。しかし藁はとてもおいしく、なんと牛は藁を全部たいらげてしまいました。

Along the way, Vusi met a farmer and a cow. "What delicious thatch, can I have a nibble?" asked the cow. But the thatch was so tasty that the cow ate it all!


「何てことしてくれるんだ!」とブーシーは泣き出しました。「あの藁はお姉ちゃんへの贈り物だったんだ。大工が、果物狩りの少年からもらったステッキを折ったお詫びにくれたんだ。果物狩りの少年は、お姉ちゃんへのケーキに使う卵を割ったお詫びにステッキをくれたんだ。そのケーキは、お姉ちゃんの結婚式のためのものだったんだ。そして今、卵も、ケーキも、そして贈り物も無い。お姉ちゃん何て言うかなぁ……」

「何てことしてくれるんだ!」とブーシーは泣き出しました。「あの藁はお姉ちゃんへの贈り物だったんだ。大工が、果物狩りの少年からもらったステッキを折ったお詫びにくれたんだ。果物狩りの少年は、お姉ちゃんへのケーキに使う卵を割ったお詫びにステッキをくれたんだ。そのケーキは、お姉ちゃんの結婚式のためのものだったんだ。そして今、卵も、ケーキも、そして贈り物も無い。お姉ちゃん何て言うかなぁ……」

"What have you done?" cried Vusi. "That thatch was a gift for my sister. The builders gave me the thatch because they broke the stick from the fruit pickers. The fruit pickers gave me the stick because they broke the egg for my sister's cake. The cake was for my sister's wedding. Now there is no egg, no cake, and no gift. What will my sister say?"


牛は食いしん坊を謝りました。農家おじさんは、牛がお姉さんへの贈り物としてブーシーに付いて行くことに賛成しました。そしてまたブーシーは歩き始めました。

牛は食いしん坊を謝りました。農家おじさんは、牛がお姉さんへの贈り物としてブーシーに付いて行くことに賛成しました。そしてまたブーシーは歩き始めました。

The cow was sorry she was greedy. The farmer agreed that the cow could go with Vusi as a gift for his sister. And so Vusi carried on.


けれど牛は、夕食の時間になると農家おじさんのもとへ帰ってしまいました。そしてブーシーは道に迷ってしまいました。ブーシーがお姉さんのところに着いたのはだいぶ遅かったので、とっくにパーティーは始まっていました。

けれど牛は、夕食の時間になると農家おじさんのもとへ帰ってしまいました。そしてブーシーは道に迷ってしまいました。ブーシーがお姉さんのところに着いたのはだいぶ遅かったので、とっくにパーティーは始まっていました。

But the cow ran back to the farmer at supper time. And Vusi got lost on his journey. He arrived very late for his sister's wedding. The guests were already eating.


「どうしよう。」ブーシーは泣き出してしまいました。「大工が藁のお詫びにくれた贈り物の牛は逃げちゃった。大工は、果物狩りの少年からもらったステッキを折ったお詫びに藁をくれたんだ。果物狩りは、ケーキに使う卵を割ったお詫びにステッキをくれたんだ。そのケーキは結婚式のためのものだったんだ。今、卵も、ケーキも、それから贈り物も無いよ……」

「どうしよう。」ブーシーは泣き出してしまいました。「大工が藁のお詫びにくれた贈り物の牛は逃げちゃった。大工は、果物狩りの少年からもらったステッキを折ったお詫びに藁をくれたんだ。果物狩りは、ケーキに使う卵を割ったお詫びにステッキをくれたんだ。そのケーキは結婚式のためのものだったんだ。今、卵も、ケーキも、それから贈り物も無いよ……」

"What shall I do?" cried Vusi. "The cow that ran away was a gift, in return for the thatch the builders gave me. The builders gave me the thatch because they broke the stick from the fruit pickers. The fruit pickers gave me the stick because they broke the egg for the cake. The cake was for the wedding. Now there is no egg, no cake, and no gift."


ブーシーのお姉さんは少しの間考えて、それから言いました。「私の弟、ブーシー。私はほんとに贈り物のことは気にしてないわ。それどころかケーキのことさえ気にしてない!みんなが揃って、私はそれだけで嬉しいわよ。さあ、かっこいい服に着替えて、今日をお祝いしましょう!」そして、ブーシーはその通りにしました。

ブーシーのお姉さんは少しの間考えて、それから言いました。「私の弟、ブーシー。私はほんとに贈り物のことは気にしてないわ。それどころかケーキのことさえ気にしてない!みんなが揃って、私はそれだけで嬉しいわよ。さあ、かっこいい服に着替えて、今日をお祝いしましょう!」そして、ブーシーはその通りにしました。

Vusi's sister thought for a while, then she said, "Vusi my brother, I don't really care about gifts. I don't even care about the cake! We are all here together, I am happy. Now put on your smart clothes and let's celebrate this day!" And so that's what Vusi did.


作者:Nina Orange
絵:Wiehan de Jager
翻訳:Kohei Uesaka
言語:日本語
レベル 4
出所:アフリカの絵本より「What Vusi's sister said
Creative Commons License
この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 ライセンスの下に提供されています。
オプション
物語のリストに戻る ダウンロード(PDF)