ダウンロード(PDF)
物語のリストに戻る

おばあさんとの休日 おばあさんとの休日 Holidays with grandmother

作者 Violet Otieno

絵 Catherine Groenewald

翻訳 Maaya UCHIMURA

言語 日本語

レベル レベル 4

物語全体の朗読

物語の自動再生


オドンゴとアピヨは、お父さんと都会に住んでいました。彼らは休日を楽しみにしていました。ただ学校を休めるからではなく、おばあさんに会いに行けるからです。おばあさんは大きな湖の近くにある漁村に住んでいました。

オドンゴとアピヨは、お父さんと都会に住んでいました。彼らは休日を楽しみにしていました。ただ学校を休めるからではなく、おばあさんに会いに行けるからです。おばあさんは大きな湖の近くにある漁村に住んでいました。

Odongo and Apiyo lived in the city with their father. They looked forward to the holidays. Not just because school was closed, but because they went to visit their grandmother. She lived in a fishing village near a large lake.


オドンゴとアピヨは、またおばあさんのところに遊びに行けることができて、わくわくしていました。前日の夜、鞄に荷物を詰めて、村までの長旅の準備をしました。眠れず、一晩中休日の話をしました。

オドンゴとアピヨは、またおばあさんのところに遊びに行けることができて、わくわくしていました。前日の夜、鞄に荷物を詰めて、村までの長旅の準備をしました。眠れず、一晩中休日の話をしました。

Odongo and Apiyo were excited because it was time to visit their grandmother again. The night before, they packed their bags and got ready for the long journey to her village. They could not sleep and talked the whole night about the holiday.


次の日の朝早く、お父さんの車で村に向けて出発しました。山々や野生動物、茶畑を車で通り過ぎました。車を数え、歌を歌いました。

次の日の朝早く、お父さんの車で村に向けて出発しました。山々や野生動物、茶畑を車で通り過ぎました。車を数え、歌を歌いました。

Early the next morning, they left for the village in their father's car. They drove past mountains, wild animals and tea plantations. They counted cars and sang songs.


しばらくして子どもたちは疲れて眠ってしまいました。

しばらくして子どもたちは疲れて眠ってしまいました。

After a while, the children were tired and fell asleep.


村に着くと、お父さんはオドンゴとアピヨを起こしました。彼らのおばあさん、ニャル・カニャダが木陰のマットの上で休んでいるのを見つけました。ニャル・カニャダとはルオ語で「カニャダの民の娘」という意味です。彼女は強く美しい女性です。

村に着くと、お父さんはオドンゴとアピヨを起こしました。彼らのおばあさん、ニャル・カニャダが木陰のマットの上で休んでいるのを見つけました。ニャル・カニャダとはルオ語で「カニャダの民の娘」という意味です。彼女は強く美しい女性です。

Father woke up Odongo and Apiyo as they arrived in the village. They found Nyar-Kanyada, their grandmother, resting on a mat under a tree. Nyar-Kanyada in Luo, means 'daughter of the people of Kanyada'. She was a strong and beautiful woman.


ニャル・カニャダは彼らを家に迎え入れ、歓喜のあまり歌いながら部屋中を踊りまわりました。孫たちははしゃいで、都会から持ってきたプレゼントをおばあさんに渡しました。「まず僕のプレゼントを開けて」とオドンゴが言いました。「ダメ、私のプレゼントが先!」とアピヨが言いました。

ニャル・カニャダは彼らを家に迎え入れ、歓喜のあまり歌いながら部屋中を踊りまわりました。孫たちははしゃいで、都会から持ってきたプレゼントをおばあさんに渡しました。「まず僕のプレゼントを開けて」とオドンゴが言いました。「ダメ、私のプレゼントが先!」とアピヨが言いました。

Nyar-Kanyada welcomed them into the house and danced around the room singing with joy. Her grandchildren were excited to give her the presents they brought from the city. "First open my gift," said Odongo. "No, my gift first!" said Apiyo.


プレゼントを開けてから、ニャル・カニャダは昔から伝わるやり方で孫たちに感謝しました。

プレゼントを開けてから、ニャル・カニャダは昔から伝わるやり方で孫たちに感謝しました。

After she opened the presents, Nyar-Kanyada blessed her grandchildren in a traditional way.


それからオドンゴとアピヨは出かけました。蝶々や鳥を追いかけました。

それからオドンゴとアピヨは出かけました。蝶々や鳥を追いかけました。

Then Odongo and Apiyo went outside. They chased butterflies and birds.


木登りをし、湖で水遊びをしました。

木登りをし、湖で水遊びをしました。

They climbed trees and splashed in the water of the lake.


暗くなって、晩御飯を食べに家に帰りました。食べ終える前に彼らは眠りに落ちていました!

暗くなって、晩御飯を食べに家に帰りました。食べ終える前に彼らは眠りに落ちていました!

When it was dark they returned to the house for dinner. Before they could finish eating, they were falling asleep!


次の日、お父さんは子どもたちをニャル・カニャダのもとに残して都会へ車で戻りました。

次の日、お父さんは子どもたちをニャル・カニャダのもとに残して都会へ車で戻りました。

The next day, the children's father drove back to the city leaving them with Nyar-Kanyada.


オドンゴとアピヨは家事を手伝いました。水を汲み、薪を集めました。鶏から卵を集め、庭で野菜を採りました。

オドンゴとアピヨは家事を手伝いました。水を汲み、薪を集めました。鶏から卵を集め、庭で野菜を採りました。

Odongo and Apiyo helped their grandmother with household chores. They fetched water and firewood. They collected eggs from the chickens and picked greens from the garden.


ニャル・カニャダは、シチューと一緒に食べる柔らかいウガリの作り方を孫に教えました。焼き魚と一緒に食べるココナッツ・ライスの作り方も教えました。

ニャル・カニャダは、シチューと一緒に食べる柔らかいウガリの作り方を孫に教えました。焼き魚と一緒に食べるココナッツ・ライスの作り方も教えました。

Nyar-Kanyada taught her grandchildren to make soft ugali to eat with stew. She showed them how to make coconut rice to eat with roast fish.


ある朝、オドンゴはおばあさんの牛を連れて、草を食べさせに行きました。しかし牛たちは近所の人の畑に走っていきました。農家の人はオドンゴに腹を立てました。牛たちが作物を食べないようにしろと脅しました。その日から、オドンゴは牛たちがまた問題を起こさないように気をつけました。

ある朝、オドンゴはおばあさんの牛を連れて、草を食べさせに行きました。しかし牛たちは近所の人の畑に走っていきました。農家の人はオドンゴに腹を立てました。牛たちが作物を食べないようにしろと脅しました。その日から、オドンゴは牛たちがまた問題を起こさないように気をつけました。

One morning, Odongo took his grandmother's cows to graze. They ran onto a neighbour's farm. The farmer was angry with Odongo. He threatened to keep the cows for eating his crops. After that day, the boy made sure that the cows did not get into trouble again.


別の日に、子どもたちはニャル・カニャダと一緒に市場に行きました。彼女は野菜や砂糖、石けんを売る屋台をやっていました。アピヨはお客さんに商品の値段を教えるのが好きでした。オドンゴはお客さんが買った商品を詰める係でした。

別の日に、子どもたちはニャル・カニャダと一緒に市場に行きました。彼女は野菜や砂糖、石けんを売る屋台をやっていました。アピヨはお客さんに商品の値段を教えるのが好きでした。オドンゴはお客さんが買った商品を詰める係でした。

On another day, the children went to the marketplace with Nyar-Kanyada. She had a stall selling vegetables, sugar and soap. Apiyo liked to tell customers the price of items. Odongo would pack the items that customers bought.


一日の終わりに、一緒にチャイを飲みました。彼らはおばあさんが稼いだお金を数えるのを手伝いました。

一日の終わりに、一緒にチャイを飲みました。彼らはおばあさんが稼いだお金を数えるのを手伝いました。

At the end of the day they drank chai tea together. They helped grandmother to count the money she earned.


しかし、あまりにも早くに休日が終わってしまい、子どもたちは都会に戻らなければならなくなりました。ニャル・カニャダはオドンゴには帽子を、アピヨにはセーターをあげました。旅のために食べ物を詰めました。

しかし、あまりにも早くに休日が終わってしまい、子どもたちは都会に戻らなければならなくなりました。ニャル・カニャダはオドンゴには帽子を、アピヨにはセーターをあげました。旅のために食べ物を詰めました。

But too soon the holidays were over and the children had to go back to the city. Nyar-Kanyada gave Odongo a cap and Apiyo a sweater. She packed food for their journey.


お父さんが迎えに来たとき、彼らは帰りたくありませんでした。子どもたちはニャル・カニャダに一緒に都会に来るようお願いしました。彼女は笑って「私は都会には歳を取りすぎているわ。あなたたちがまた村に来るのを待っているよ」と言いました。

お父さんが迎えに来たとき、彼らは帰りたくありませんでした。子どもたちはニャル・カニャダに一緒に都会に来るようお願いしました。彼女は笑って「私は都会には歳を取りすぎているわ。あなたたちがまた村に来るのを待っているよ」と言いました。

When their father came to fetch them, they did not want to leave. The children begged Nyar-Kanyada to go with them to the city. She smiled and said, "I am too old for the city. I will be waiting for you to come to my village again."


オドンゴとアピヨは二人とも、おばあさんを強く抱きしめ、さよならを言いました。

オドンゴとアピヨは二人とも、おばあさんを強く抱きしめ、さよならを言いました。

Odongo and Apiyo both hugged her tightly and said goodbye.


オドンゴとアピヨは学校に戻って、友だちに村での生活について話しました。都会の生活がいいと思う友だちもいました。村の方がいいと思う子もいました。でも何より、オドンゴとアピヨには素敵なおばあさんがいるということでみんな意見が一致しました!

オドンゴとアピヨは学校に戻って、友だちに村での生活について話しました。都会の生活がいいと思う友だちもいました。村の方がいいと思う子もいました。でも何より、オドンゴとアピヨには素敵なおばあさんがいるということでみんな意見が一致しました!

When Odongo and Apiyo went back to school they told their friends about life in the village. Some children felt that life in the city was good. Others felt that the village was better. But most of all, everyone agreed that Odongo and Apiyo had a wonderful grandmother!


作者:Violet Otieno
絵:Catherine Groenewald
翻訳:Maaya UCHIMURA
言語:日本語
レベル 4
出所:アフリカの絵本より「Holidays with grandmother
Creative Commons License
この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 ライセンスの下に提供されています。
オプション
物語のリストに戻る ダウンロード(PDF)