ダウンロード(PDF)
物語のリストに戻る

草木に話しかけるカライ 草木に話しかけるカライ Khalai talks to plants

作者 Ursula Nafula

絵 Jesse Pietersen

翻訳 Aiko Komatsu

言語 日本語

レベル レベル 2

物語全体の朗読

物語の自動再生


この子はカライ、7歳の女の子です。カライの名前はカライの国の言葉のブクス語で「良いもの」という意味です。

この子はカライ、7歳の女の子です。カライの名前はカライの国の言葉のブクス語で「良いもの」という意味です。

This is Khalai. She is seven years old. Her name means 'the good one' in her language, Lubukusu.


カライは起きるとオレンジの木に話しかけます。「お願い、オレンジの木。大きく育って、私たちにたくさんの熟れたオレンジをちょうだいな」

カライは起きるとオレンジの木に話しかけます。「お願い、オレンジの木。大きく育って、私たちにたくさんの熟れたオレンジをちょうだいな」

Khalai wakes up and talks to the orange tree. "Please orange tree, grow big and give us lots of ripe oranges."


カライは学校まで歩いて行きます。歩きながら、カライは草に話しかけます。「お願い、草たち、もっと濃い緑になってね。カラカラに乾いたりしないでね」

カライは学校まで歩いて行きます。歩きながら、カライは草に話しかけます。「お願い、草たち、もっと濃い緑になってね。カラカラに乾いたりしないでね」

Khalai walks to school. On the way she talks to the grass. "Please grass, grow greener and don't dry up."


カライは野の花のそばを通ります。「お願い、花たち、ずっと咲いていてね。私が髪に飾れるように」

カライは野の花のそばを通ります。「お願い、花たち、ずっと咲いていてね。私が髪に飾れるように」

Khalai passes wild flowers. "Please flowers, keep blooming so I can put you in my hair."


学校では、カライは校庭の真ん中にある木に話しかけます。「お願い、樹木さん、枝を大きく広げてね。私たちが木陰で本を読めるように」

学校では、カライは校庭の真ん中にある木に話しかけます。「お願い、樹木さん、枝を大きく広げてね。私たちが木陰で本を読めるように」

At school, Khalai talks to the tree in the middle of the compound. "Please tree, put out big branches so we can read under your shade."


カライは学校の周りをめぐる生け垣にも話します。「お願い、強く育ってね。悪い人たちが中に入ってこられないように」

カライは学校の周りをめぐる生け垣にも話します。「お願い、強く育ってね。悪い人たちが中に入ってこられないように」

Khalai talks to the hedge around her school. "Please grow strong and stop bad people from coming in."


カライは学校から家に帰ると、オレンジの木のところへ行き訪ねます。「オレンジの木さん、あなたの実は熟れたかしら?」とカライは尋ねます。

カライは学校から家に帰ると、オレンジの木のところへ行き訪ねます。「オレンジの木さん、あなたの実は熟れたかしら?」とカライは尋ねます。

When Khalai returns home from school, she visits the orange tree. "Are your oranges ripe yet?" asks Khalai.


「オレンジの実はまだ青いわ」と、カライはため息をつきます。「また明日ね、オレンジの木さん」とカライは言います。「多分その時には私のために熟したオレンジを用意してくれるわよね!」

「オレンジの実はまだ青いわ」と、カライはため息をつきます。「また明日ね、オレンジの木さん」とカライは言います。「多分その時には私のために熟したオレンジを用意してくれるわよね!」

"The oranges are still green," sighs Khalai. "I will see you tomorrow orange tree," says Khalai. "Perhaps then you will have a ripe orange for me!"


作者:Ursula Nafula
絵:Jesse Pietersen
翻訳:Aiko Komatsu
言語:日本語
レベル 2
出所:アフリカの絵本より「Khalai talks to plants
Creative Commons License
この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 ライセンスの下に提供されています。
オプション
物語のリストに戻る ダウンロード(PDF)