ダウンロード(PDF)
物語のリストに戻る

노자벨레와 세 머리카락 ノジベレと三本の髪の毛

作者 Tessa Welch

絵 Wiehan de Jager

翻訳 Jong Yong Park

朗読 Scarlet Kim

言語 韓国語

レベル レベル 3

物語全体の朗読

読書速度

物語の自動再生


먼 옛날, 세 여자아이들이 나무를 가지러 밖에 나섰어요.

むかしむかし、三人の女の子が薪を集めに出かけました。


정말 더운 날이어서 그들은 강에 수영을 하러 갔어요. 물 속에서 놀고 물장구치고 수영했어요.

その日はとても暑く、三人は川へ泳ぎに行きました。三人は水遊びをしたり水の中を泳いだりしました。


갑자기, 그들은 늦은 것을 깨달았어요. 마을로 급히 돌아갔어요.

突然、三人はおそい時間になっていることに気がつき、急いで村に帰ろうとしました。


집에 거의 다 왔을 때, 노지벨레는 목에 손을 댔어요. 목걸이를 깜빡했어요! “나랑 같이 돌아가!” 그녀는 친구들에게 부탁했어요. 그러나 친구들은 너무 늦었다고 말했어요.

村の近くまで来たところで、ノジベレが首元に手を当てました。ノジベレはネックレスを忘れてきてしまったのです。「お願い、一緒に戻って!」と彼女は二人に頼みました。しかし二人はもう時間がおそすぎると言いました。


그래서 노지벨레는 강으로 혼자 돌아갔어요. 목걸이를 찾아서 집으로 급히 돌아갔어요. 그러나 어둠 속에서 길을 잃고 말았어요.

ノジベレは一人で川に戻ることにしました。ノジベレはネックレスを見つけると村に急ぎました。しかし、彼女は夜道で迷ってしまったのです。


멀리서 그녀는 한 오두막에서 불빛을 보았어요. 그녀는 급히 달려가서 문을 두들겼어요.

遠くに小屋の光が見えました。そこに急いで向かい、扉をたたきました。


놀랍게도, 개 한마리가 문을 열고 “무슨 일이지?”라고 말했어요. “전 길을 잃었고 잘 곳이 필요해요,” 노지벨레가 말했어요. “들어와, 아니면 물어버릴꺼야!” 개가 말했어요. 그래서 노지벨레는 들어갔어요.

驚いたことに、犬が扉を開けて、「何がほしいんだい?」と言いました。「迷ってしまったので寝る場所がほしいのです」と彼女が答えると、犬は「おいで、じゃないとかみつくよ」と言いました。


그러더니 개가 “요리해줘!”라고 말했어요. “하지만 전 개를 위해서 요리해 본 적이 없어요,” 그녀가 말했어요. “요리해, 아니면 물어버릴꺼야!” 개가 말했어요. 그래서 노지벨레는 개를 위해 음식을 만들었어요.

中に入ると、犬が「何か作ってくれ」といいましたが、ノジベレは「犬にごはんを作ったことなんかないわよ」と言いました。すると犬は「作らないとかみつくよ!」というので、ノジベレはごはんを作りました。


그리곤 개가 “침대를 정리해줘!”라고 말했어요. “전 개를 위해 침대를 정리해준 적이 없어요,” 노지벨레가 대답했어요. “침대를 정리해줘, 아니면 물어버릴꺼야!” 개가 말했어요. 그래서 노지벨레는 침대를 정리했어요.

すると、「ベッドを用意しろ」と犬は言いました。ノジベレが「犬のベッドを用意したことなんかないわ」と答えると、「用意しないとかみつくよ!」というので、彼女はベッドを用意しました。


매일 개를 위해 그녀는 요리하고 쓸고 닦았어요. 어느 날 개가 “노지벨레, 난 오늘 친구들을 만나러 가야해. 내가 오기 전에 집을 쓸고, 음식을 만들고, 내 물건을 닦아놔.” 라고 말했어요.

ノジベレは毎日犬のために料理やそうじ、せんたくをしました。ある日犬がこう言いました。「今日は友達のところに行かなきゃ行けないんだ。帰ってくる前にそうじやせんたくをして、何か作っておくんだよ。」


개가 가자 마자, 노지벨레는 세 머리카락을 머리에서 뽑았어요. 한 머리카락은 침대 아래, 하나는 문 뒤에, 하나는 크랄 안에 두었어요. 그리고 그녀는 집으로 가능한 최대한 빨리 달려갔어요.

犬が出て行ってすぐに、彼女は自分のかみの毛を三本抜きました。一本をベッドの下に、一本を扉の後ろに、もう一本を囲いの中に置くと、できるだけ速く村へ向かって走りました。


개가 돌아왔을 때, 노지벨레를 찾았어요. “노지벨레, 어디있어?” 개가 외쳤어요. “여기 있어요, 침대 아래,” 첫번째 머리카락이 말했어요. “여기 있어요, 문 뒤에,” 두번째 머리카락이 말했어요. “여기 있어요, 크랄 안에,” 세번째 머리카락이 말했어요.

犬は家に戻るとノジベレを探しました。「ノジベレ、どこにいるんだい!」と叫びました。すると、「ベッドの下にいるよ」と一本目のかみの毛が言いました。二本目が「扉の後ろにいるよ」と、三本目が「囲いの中にいるよ」と言いました。


그제서야 개는 노지벨레가 자신을 속인 것을 알았어요. 그는 마을로 달리고 달려갔죠. 그러나 노지벨레의 오빠들이 커다란 몽둥이를 들고 기다리고 있었어요. 개는 몸을 돌려 도망갔고 다시는 보이지 않았어요.

すると、犬はノジベレが自分をだましたことに気がつきました。犬は村に向かって走り続けましたが、村ではノジベレの兄弟が大きな棒を持って待っていました。犬はふり返って走りさっていき、それ以来現れることはありませんでした。


作者: Tessa Welch
絵: Wiehan de Jager
翻訳: Jong Yong Park
朗読: Scarlet Kim
言語: 韓国語
レベル: レベル 3
出所: アフリカの絵本より「Nozibele and the three hairs
クリエイティブ・コモンズのライセンス
この作品はクリエイティブ・コモンズ クリエイティブ・コモンズ 表示 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。
オプション
物語のリストに戻る ダウンロード(PDF)