ダウンロード(PDF)
物語のリストに戻る

マゴズヴェ マゴズヴェ Magozwe

作者 Lesley Koyi

絵 Wiehan de Jager

翻訳 Rie TAKANUMA

言語 日本語

レベル レベル 5

物語全体の朗読

物語の自動再生


ナイロビの都会の喧騒の中、家庭でのあたたかい暮らしにはほど遠く、ホームレスの少年たちが暮らしていました。彼らは毎日を来るがまま暮らしていました。とある朝、男の子たちは舗装された冷たい道の上で起きて、布団代わりのマットを片付けていました。寒さを追い払おうと、ごみくずで火を燃やしました。少年たちの中に、マゴズウェという最年少の男の子がいました。

ナイロビの都会の喧騒の中、家庭でのあたたかい暮らしにはほど遠く、ホームレスの少年たちが暮らしていました。彼らは毎日を来るがまま暮らしていました。とある朝、男の子たちは舗装された冷たい道の上で起きて、布団代わりのマットを片付けていました。寒さを追い払おうと、ごみくずで火を燃やしました。少年たちの中に、マゴズウェという最年少の男の子がいました。

In the busy city of Nairobi, far away from a caring life at home, lived a group of homeless boys. They welcomed each day just as it came. On one morning, the boys were packing their mats after sleeping on cold pavements. To chase away the cold they lit a fire with rubbish. Among the group of boys was Magozwe. He was the youngest.


マゴズウェの両親が亡くなった時、彼はたった5歳でした。彼はおじさんのところでお世話になることになりました。おじさんはマゴズウェの面倒を見ませんでした。おじさんはマゴズヴェに十分に食べ物を与えず、辛い仕事をたくさん与えました。

マゴズウェの両親が亡くなった時、彼はたった5歳でした。彼はおじさんのところでお世話になることになりました。おじさんはマゴズウェの面倒を見ませんでした。おじさんはマゴズヴェに十分に食べ物を与えず、辛い仕事をたくさん与えました。

When Magozwe's parents died, he was only five years old. He went to live with his uncle. This man did not care about the child. He did not give Magozwe enough food. He made the boy do a lot of hard work.


マゴズウェが不満や疑問を言うと、おじさんは彼を叩きました。ある時、マゴズウェが学校に行けるか尋ねると、おじさんは彼を殴り「お前は愚か者すぎて何も学べない」と言いました。それから3年後、マゴズヴェはおじさんの元から逃げ出しました。そして路上で生活を始めたのです。

マゴズウェが不満や疑問を言うと、おじさんは彼を叩きました。ある時、マゴズウェが学校に行けるか尋ねると、おじさんは彼を殴り「お前は愚か者すぎて何も学べない」と言いました。それから3年後、マゴズヴェはおじさんの元から逃げ出しました。そして路上で生活を始めたのです。

If Magozwe complained or questioned, his uncle beat him. When Magozwe asked if he could go to school, his uncle beat him and said, "You're too stupid to learn anything." After three years of this treatment Magozwe ran away from his uncle. He started living on the street.


路上生活は困難で、大多数の少年たちは毎日食べ物を得るだけでもとても苦労していました。彼らは時には逮捕され、時には殴られました。病気になった時、助けてくれる人は誰もいません。彼らは物乞いや、プラスティックや他のリサイクル可能なものを販売して得たわずかなお金に頼っていました。街の地区を支配したいライバルグループとの闘いがあったので、生活はより一層厳しいものでした。

路上生活は困難で、大多数の少年たちは毎日食べ物を得るだけでもとても苦労していました。彼らは時には逮捕され、時には殴られました。病気になった時、助けてくれる人は誰もいません。彼らは物乞いや、プラスティックや他のリサイクル可能なものを販売して得たわずかなお金に頼っていました。街の地区を支配したいライバルグループとの闘いがあったので、生活はより一層厳しいものでした。

Street life was difficult and most of the boys struggled daily just to get food. Sometimes they were arrested, sometimes they were beaten. When they were sick, there was no one to help. The group depended on the little money they got from begging, and from selling plastics and other recycling. Life was even more difficult because of fights with rival groups who wanted control of parts of the city.


ある日、マゴズヴェがごみ箱を漁っていると、古いボロボロの物語の本を見つけました。本の汚れを綺麗にし、袋の中に入れました。それから毎日、彼はその本を取り出し、絵を眺めました。彼は文字の読み方を知らなかったのです。

ある日、マゴズヴェがごみ箱を漁っていると、古いボロボロの物語の本を見つけました。本の汚れを綺麗にし、袋の中に入れました。それから毎日、彼はその本を取り出し、絵を眺めました。彼は文字の読み方を知らなかったのです。

One day while Magozwe was looking through the dustbins, he found an old tattered storybook. He cleaned the dirt from it and put it in his sack. Every day after that he would take out the book and look at the pictures. He did not know how to read the words.


その本の絵には、大人になってパイロットになる少年の物語が描かれていました。マゴズヴェはパイロットになる空想にふけりました。時々、彼はその物語の少年自身だと想像したのでした。

その本の絵には、大人になってパイロットになる少年の物語が描かれていました。マゴズヴェはパイロットになる空想にふけりました。時々、彼はその物語の少年自身だと想像したのでした。

The pictures told the story of a boy who grew up to be a pilot. Magozwe would daydream of being a pilot. Sometimes, he imagined that he was the boy in the story.


寒さの中、マゴズヴェは道に立ち、物乞いをしていました。とある男性が彼のところに歩み寄ってきました。男は「はじめまして、私はトーマスと申します。私はこの近く、あなたが何か食べ物を貰えるところで働いています」と言いました。彼は青い屋根の黄色い家を指さしました。「良ければ、あちらに行って何か食べませんか?」と尋ねました。マゴズヴェは男を見、そして家を見ました。そして「たぶん」と言い、立ち去りました。

寒さの中、マゴズヴェは道に立ち、物乞いをしていました。とある男性が彼のところに歩み寄ってきました。男は「はじめまして、私はトーマスと申します。私はこの近く、あなたが何か食べ物を貰えるところで働いています」と言いました。彼は青い屋根の黄色い家を指さしました。「良ければ、あちらに行って何か食べませんか?」と尋ねました。マゴズヴェは男を見、そして家を見ました。そして「たぶん」と言い、立ち去りました。

It was cold and Magozwe was standing on the road begging. A man walked up to him. "Hello, I'm Thomas. I work near here, at a place where you can get something to eat," said the man. He pointed to a yellow house with a blue roof. "I hope you will go there to get some food?" he asked. Magozwe looked at the man, and then at the house. "Maybe," he said, and walked away.


数か月もすると、ホームレスの少年たちはトーマスのそばにいることに慣れてきました。トーマスは人々、とりわけ路上で生活する人々と話をするのが好きでした。トーマスは人々の人生を聴いていました。彼は真剣で、そして我慢強く、決して無礼な態度や人を尊重しないような態度を取りませんでした。少年のうち何人かは、青い屋根の黄色い家へ、お昼にご飯を貰いに行きだしました。

数か月もすると、ホームレスの少年たちはトーマスのそばにいることに慣れてきました。トーマスは人々、とりわけ路上で生活する人々と話をするのが好きでした。トーマスは人々の人生を聴いていました。彼は真剣で、そして我慢強く、決して無礼な態度や人を尊重しないような態度を取りませんでした。少年のうち何人かは、青い屋根の黄色い家へ、お昼にご飯を貰いに行きだしました。

Over the months that followed, the homeless boys got used to seeing Thomas around. He liked to talk to people, especially people living on the streets. Thomas listened to the stories of people's lives. He was serious and patient, never rude or disrespectful. Some of the boys started going to the yellow and blue house to get food at midday.


トーマスがマゴズヴェの隣に座ったとき、彼は舗道に座り、絵本を見ていました。トーマスは「何のお話ですか?」と聞きました。「パイロットになる男の子のお話だよ」とマゴズヴェは答えました。「少年の名前はなんと言うのですか?」トーマスは聞きました。「分からないよ。僕は読めないんだ」マゴズヴェは静かに言いました。

トーマスがマゴズヴェの隣に座ったとき、彼は舗道に座り、絵本を見ていました。トーマスは「何のお話ですか?」と聞きました。「パイロットになる男の子のお話だよ」とマゴズヴェは答えました。「少年の名前はなんと言うのですか?」トーマスは聞きました。「分からないよ。僕は読めないんだ」マゴズヴェは静かに言いました。

Magozwe was sitting on the pavement looking at his picture book when Thomas sat down next to him. "What is the story about?" asked Thomas. "It's about a boy who becomes a pilot," replied Magozwe. "What's the boy's name?" asked Thomas. "I don't know, I can't read," said Magozwe quietly.


マゴズヴェとトーマスが会っているとき、マゴズヴェはトーマスに、彼の人生を語り始めました。彼のおじさんと、なぜ彼は逃げ出したのかというお話でした。トーマスは多くを語らず、マゴズヴェに何をすべきかも言わず、いつも注意深く話を聴いていました。時々、青い屋根の黄色い家で食事をしながら、彼らは話をしました。

マゴズヴェとトーマスが会っているとき、マゴズヴェはトーマスに、彼の人生を語り始めました。彼のおじさんと、なぜ彼は逃げ出したのかというお話でした。トーマスは多くを語らず、マゴズヴェに何をすべきかも言わず、いつも注意深く話を聴いていました。時々、青い屋根の黄色い家で食事をしながら、彼らは話をしました。

When they met, Magozwe began to tell his own story to Thomas. It was the story of his uncle and why he ran away. Thomas didn't talk a lot, and he didn't tell Magozwe what to do, but he always listened carefully. Sometimes they would talk while they ate at the house with the blue roof.


マゴズヴェの10歳の誕生日付近に、トーマスは彼に新しい物語の本をあげました。それはある村の少年が有名なサッカー選手になるお話でした。トーマスはマゴズヴェに、ある日こう伝えるまで、そのお話を何度も読んであげました。「そろそろ学校に行って、読み方を習った方がよいと思います。どう思いますか?」トーマスは、子供たちが泊まり、学校に行ける場所を知っていると説明しました。

マゴズヴェの10歳の誕生日付近に、トーマスは彼に新しい物語の本をあげました。それはある村の少年が有名なサッカー選手になるお話でした。トーマスはマゴズヴェに、ある日こう伝えるまで、そのお話を何度も読んであげました。「そろそろ学校に行って、読み方を習った方がよいと思います。どう思いますか?」トーマスは、子供たちが泊まり、学校に行ける場所を知っていると説明しました。

Around Magozwe's tenth birthday, Thomas gave him a new storybook. It was a story about a village boy who grew up to be a famous soccer player. Thomas read that story to Magozwe many times, until one day he said, "I think it's time you went to school and learned to read. What do you think?" Thomas explained that he knew of a place where children could stay, and go to school.


マゴズヴェはその新しい場所や学校に行くことについて考えました。もし彼のおじさんが正しくて、自分が愚か者すぎて何も学べなかったら?もし新しい場所にいる人たちが自分のことを叩いたら?彼は恐ろしかったのです。「きっと路上生活を続けた方がいいんだろうな」と彼は思いました。

マゴズヴェはその新しい場所や学校に行くことについて考えました。もし彼のおじさんが正しくて、自分が愚か者すぎて何も学べなかったら?もし新しい場所にいる人たちが自分のことを叩いたら?彼は恐ろしかったのです。「きっと路上生活を続けた方がいいんだろうな」と彼は思いました。

Magozwe thought about this new place, and about going to school. What if his uncle was right and he was too stupid to learn anything? What if they beat him at this new place? He was afraid. "Maybe it is better to stay living on the street," he thought.


彼はトーマスに不安を打ち明けました。トーマスは時間をかけて、新しい場所での生活の方がよくなると、マゴズヴェを安心させました。

彼はトーマスに不安を打ち明けました。トーマスは時間をかけて、新しい場所での生活の方がよくなると、マゴズヴェを安心させました。

He shared his fears with Thomas. Over time the man reassured the boy that life could be better at the new place.


そしてマゴズヴェは緑の屋根の家の一部屋に移り住みました。他の2人の少年たちとルームシェアをしました。その家には全部で10人の子供たちが住んでいました。スィシーおばさんとその旦那さん、犬3匹、猫1匹、年老いた山羊1蹄も一緒でした。

そしてマゴズヴェは緑の屋根の家の一部屋に移り住みました。他の2人の少年たちとルームシェアをしました。その家には全部で10人の子供たちが住んでいました。スィシーおばさんとその旦那さん、犬3匹、猫1匹、年老いた山羊1蹄も一緒でした。

And so Magozwe moved into a room in a house with a green roof. He shared the room with two other boys. Altogether there were ten children living at that house. Along with Auntie Cissy and her husband, three dogs, a cat, and an old goat.


マゴズヴェは学校に行き始めましたが、難しいものでした。追いつくためにたくさんのことをしました。時折、彼は諦めたくなりましたが、物語の本のパイロットやサッカー選手を考えました。彼らのように、マゴズヴェは諦めませんでした。

マゴズヴェは学校に行き始めましたが、難しいものでした。追いつくためにたくさんのことをしました。時折、彼は諦めたくなりましたが、物語の本のパイロットやサッカー選手を考えました。彼らのように、マゴズヴェは諦めませんでした。

Magozwe started school and it was difficult. He had a lot to catch up. Sometimes he wanted to give up. But he thought about the pilot and the soccer player in the storybooks. Like them, he did not give up.


マゴズヴェは緑の屋根の家の庭に座り、学校から持ってきた物語の本を読んでいました。トーマスがやってきて、マゴズヴェの隣に座りました。「何のお話ですか?」トーマスは尋ねました。「先生になる少年のお話だよ」マゴズヴェは答えました。「その少年の名前は?」トーマスは聞きました。「彼の名前はマゴズヴェだよ」マゴズヴェは笑顔で言いました。

マゴズヴェは緑の屋根の家の庭に座り、学校から持ってきた物語の本を読んでいました。トーマスがやってきて、マゴズヴェの隣に座りました。「何のお話ですか?」トーマスは尋ねました。「先生になる少年のお話だよ」マゴズヴェは答えました。「その少年の名前は?」トーマスは聞きました。「彼の名前はマゴズヴェだよ」マゴズヴェは笑顔で言いました。

Magozwe was sitting in the yard at the house with the green roof, reading a storybook from school. Thomas came up and sat next to him. "What is the story about?" asked Thomas. "It's about a boy who becomes a teacher," replied Magozwe. "What's the boy's name?" asked Thomas. "His name is Magozwe," said Magozwe with a smile.


作者:Lesley Koyi
絵:Wiehan de Jager
翻訳:Rie TAKANUMA
言語:日本語
レベル 5
出所:アフリカの絵本より「Magozwe
Creative Commons License
この作品はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 ライセンスの下に提供されています。
レベル 5の物語をもっと読む:
オプション
物語のリストに戻る ダウンロード(PDF)