Download PDF
Back to stories list

お仕置き Punishment

Written by Adelheid Marie Bwire

Illustrated by Melany Pietersen

Translated by Noriko Shibata

Language Japanese

Level Level 2

Narrate full story The audio for this story is currently not available.


ある日、お母さんは、果物をたくさん手に入れました。

One day, mama got a lot of fruit.


「私たち、いつ果物を食べられるの?」と尋ねると、お母さんは「今夜にでも食べましょう」と言いました。

“When can we have some fruit?” we ask. “We will have the fruit tonight,” says mama.


お兄ちゃんのラヒームは、食いしんぼう。全ての果物を味見して、たくさん食べてしまいます。

My brother Rahim is greedy. He tastes all the fruit. He eats a lot of it.


「ほら見て、ラヒームったら!」弟が叫んでいます。「ラヒームはお行儀が悪くて、わがままなのよ」と私は言いました。

“Look at what Rahim did!” shouts my little brother. “Rahim is naughty and selfish,” I say.


お母さんは、ラヒームのことを怒っています。

Mother is angry with Rahim.


私たちもラヒームに腹を立てています。でも、ラヒームは自分のしたことを悪いと思っていません。

We are also angry with Rahim. But Rahim is not sorry.


「ラヒームにお仕置きをしないの?」弟は、お母さんに尋ねました。

“Aren’t you going to punish Rahim?” asks little brother.


「ラヒーム、もうすぐ自分のしたことを後悔するわよ」とお母さんは、言い聞かせました。

“Rahim, soon you will be sorry,” warns mama.


ラヒームは、気持ちが悪くなり始めます。

Rahim starts to feel sick.


「おなかがとても痛いよ」と小さな声でささやきました。

“My tummy is so sore,” whispers Rahim.


お母さんは、こうなることがわかっていました。果物は、ラヒームにお仕置きをしているのです!

Mama knew this would happen. The fruit is punishing Rahim!


その後、ラヒームはみんなに謝りました。「僕はもう二度と欲張ったりしないよ」と約束し、みんなもラヒームを信じることにしました。

Later, Rahim says sorry to us. “I will never be so greedy again,” he promises. And we all believe him.


Written by: Adelheid Marie Bwire
Illustrated by: Melany Pietersen
Translated by: Noriko Shibata
Language: Japanese
Level: Level 2
Source: Punishment from African Storybook
Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 International License.
Options
Back to stories list Download PDF